MSX3メモ ~マラソン・トレラン・登山など~

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

Amazonプライム・ビデオに「未来少年コナン」と「ふしぎの海のナディア」が降臨中。宮崎駿と庵野秀明、二人の巨匠の初期作品が同時に楽しめるとか最高

f:id:msx3:20200619155911p:plain

未来少年コナンをご存知でしょうか?

40代半ば以上の年齢の方なら、小さい頃にテレビでやってたのを見ていた方も多いのではないでしょうか。僕も昔テレビの再放送を何度か見た記憶はあるのですが、ストーリーは全く覚えていませんでした。SFもので、宮崎駿の初期監督作品だということは知っている程度の予備知識です。

そんな未来少年コナンが、最近Amazonプライム・ビデオに降りてきまして。プライム会員なら無料で見ることができるので、全話視聴しました。

ちなみにストーリーは以下のようなもの

大変動から20年後。孤島『のこされ島』にはおじいと呼ばれる老人と、大変動の後に生まれた少年コナンが住んでいた。ハナジロと呼んでいるサメをしとめた帰り、コナンは砂浜に打ち上げられている少女ラナを発見する…

いやー、最高でした。超面白かったです。申し訳ないが「面白い」以外に言葉が見つからないですね。これぞ後世に残したい傑作。

全26話、主人公の少年コナンと、謎の組織に追われる少女ラナの物語です。「残された人々」という原作をベースにしていますが、ほとんどオリジナルストーリーで、初期宮崎駿アニメのエッセンスがあらゆるところに詰まっています。

僕も宮崎アニメは大好きで、特に初期の「ルパン三世カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」あたりまでのSF冒険活劇ものが特にお気に入りです。最近の宮崎アニメはちょっと精神世界に入り込んじゃってる感が強くて、素直に楽しめない作品が多い気がしていましたが、コナンはもう初期宮崎アニメのいい所が全部入り作品。映画のように2時間縛りも無いので、26話使って深い物語を楽しめます。

正確には宮崎駿は監督では無く演出でクレジットされていますが、コナンは全編濃厚な宮﨑駿テイストで描かれています。「あ、このシーンカリオストロで見た」「この飛行機がナウシカの元ネタか」「これパズーじゃん」みたいな感じで過去作(といっても登場はコナンより数年あとですが)の思い出とともに楽しめます。(キャラや声優も結構かぶっています)

ストーリー自体は結構重い話ですが、コナンやジムシー、ダイスなどの主要登場人物が明るく元気、そして非常にコミカルに描かれているせいか、暗くならずに単純に楽しんでみることができるのも宮崎アニメならでは。壁を走って登ったり、飛行機の翼の上を走ったりするコナンの超人ぶりも最高に最高です。

ほとんど記憶になかったので、ほぼ完全新作として楽しめました。正直40代も後半に差し掛かって、宮崎アニメの新作を楽しめるとは思いませんでした。とにかくストーリーが面白いし、演出も最高。家族みんなで楽しめる超名作です。全力でおすすめしますよ! 

www.amazon.co.jp

さて、未来少年コナンはNHKで放送されていたのですが、NHKではコナンの成功を受けて、「海底2万マイル」を原案とする「パート2」の計画がありました。結局様々な事情で同じスタッフによる続編製作は中止となり、宮崎駿はそのネタを元にスタジオジブリで劇場版作品「天空の城ラピュタ」として作り上げました。

NHKに残った企画はその後、東宝・ガイナックスにより庵野秀明を総監督として「ふしぎの海のナディア」として放送されることとなりました。

www.amazon.co.jp

時は、1889年。発明好きの少年・ジャンは、万国博覧会の会場で謎の少女・ナディアに出会う。ナディアに一目ぼれしたジャンは、ひょんなことからナディアとともに冒険へと旅立つことに―。

こちらも超名作として名高く、僕も中学生の頃にリアルタイムで見ていました。

恥ずかしながら当時ナウシカやらラピュタに感動してアニメにハマていたいた時期があり、「アニメージュ」とか買って喜んで読んでいました。そのアニメージュでキャラの人気投票コーナーがあったのですが、ナディアが長年ナウシカが独占していた人気キャラ1位の座を奪ったことは結構衝撃的で、今でもよく覚えています。

ナディアは親と一緒に見るにはちょっと恥ずかしいお色気シーンがあったりしますが、基本的には王道のSF冒険活劇で、庵野監督らしいロボットアニメっぽい演出が目立ち、後の新世紀エヴァンゲリオンのルーツとなったようなネタがそこかしこにちりばめられています。壮大なストーリー・謎が謎を呼ぶ展開で、見始めるとやめられない面白さがあります。

このナディアも、現在プライムビデオに降りてきています。大変面白いのでぜひ見てみてください。

余談の余談ですが、ナディアは様々なメディアミックスをされていますが、メガドライブでナムコによりゲーム化されています。オリジナルストーリーのアドベンチャーゲームで、これがまた名作の呼び声高いメガドラ屈指の好ゲームに仕上がっているんですよ。僕もプレイしましたが面白くて、セガ好きの間では有名なソフトでした。

コナンとナディア、宮崎駿と庵野秀明という日本を代表とするアニメクリエイターの初期作品が同時に楽しめるとはAmazonプライムビデオ最高ですね。名作は衰えず、いつ見ても面白いものは面白いです。

ちなみに、僕はAmazonのタブレット端末Fire7にダウンロードして見ています。7インチFireはセールだと4000円以下で買えますが、やや動きがスローなので、これから買う人は最近出た8インチがおすすめです。FireTVスティックでテレビの大画面で見るのもおすすめです。