MSX3メモ ~マラソン・トレラン・登山など~

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

GoPro新型までのつなぎに、格安中華アクションカム「TENKER EX7000 PRO」を買った

 

f:id:msx3:20190625185251j:plain

中華アクションカムを購入しました。「TENKER EX7000 PRO」という商品で、Amazonで5,999円でした。GoProの10分の1の値段ですが、4K・手振れ補正・タッチパネルと高機能モデルです。

登山やトレランで山に入ることが多く、非現実的な景色を写真だけではなく動画で残したいと常々思っていて、いずれGoProを買おうと思っていたんですが、GoProは5万円以上するので簡単には買えません。

そこで練習の意味でもまずは格安中華アクションカムから入ることにしました。6000円なら何とか買えます。こういう考えの人多分大勢いるんだろうな。

f:id:msx3:20190625161208j:plain注文翌日には届きました。きれいな箱に入っています。格安中華アクションカムとは思えない外箱の綺麗さ。

f:id:msx3:20190625161237j:plain

開封すると防水ケースに入った本体と、別箱に付属品などが入っています。マニュアルは必要最低限のものしかありません。

f:id:msx3:20190625161300j:plain

本体を出してみました。アクションカムというものを初めて間近に見ましたが、小さいけど以外にずっしり重い、というのが最初の感想です。

f:id:msx3:20190625162832j:plain

防水ケース(ハウジング)を外すと、とてもコンパクトな本体です。重さも非常に軽量です。ハウジングが結構嵩張るし重いんですね。

色もグレーで目立たないし、ハウジング無しで使えば周囲に気付かれずに撮影できそうです。悪用するつもりはありませんが、いかにも「動画撮ってます!」ってのは嫌なんですよね。ただこの状態だと防水機能はありません。そこが本家GoProとの一番の違いですね。

f:id:msx3:20190625161431j:plain

付属品は何やらたくさん付いてますが、おまけ程度です。差込アタッチメントとか抜き差しが異常に硬いんですが、こういうものなんでしょうか。欲しかったザックのショルダーベルトに固定するアタッチメントは付いていませんでした。

f:id:msx3:20190625162816j:plain

バッテリーは2個附属で、この手の格安商品には珍しく2個一緒に充電できるスタンドが付属しています。これは便利ですね。

f:id:msx3:20190625185251j:plain

本体にハードキーは1個だけ。押すと電源オン、もう一度押すと録画(シャッター)、長押しで電源OFFとシンプルな造り。電源オンは長押しでも良かったけど。

f:id:msx3:20190625185304j:plain

その他の機能設定はすべてタッチパネルで操作します。すごいですよね。6000円の中華アクションカムにタッチパネルですよ。タッチは微妙に反応しない時がありますが、基本快適です。

今回アクションカムを選ぶ基準として

  • なるべく安い事
  • 手振れ補正あり
  • タッチパネルあり

だったんですよね。色んな中華アクションカムがAmazonには溢れていますが、手振れ補正+タッチパネル採用6000円以下は、2019年6月現在この機種だけじゃないかな。非常にお買い得です。

ちなみにストレージはこれを買いました。

機能面など詳しいレビューは他の方にお任せします。

koreimakaidesuka.hatenablog.com

格安のこれを買って、手持ちのファストパック15に装着する予定。6月29日の美ヶ原トレイルランで使ってみようと思います。

GoProはまだまだ高価だし、しかも秋には新型登場の予定なので、しばらくはこの格安機種で練習します。

テスト動画

手振れ補正あり、手持ちでの撮影

youtu.be

手振れ補正はかなり効いていますね。

手振れ補正無し・手持ち

youtu.be

手振れ補正すると画角がかなり狭くなるけど、しないと揺れすぎて気持ち悪い。

おまけ

youtu.be

この5月にハンディカムで撮った山スキー。序盤の林道でカモシカに遭遇しました。

これは大変だったけどこういうのがもっと楽に撮れるようになると思うと登山が楽しみになりますね。

www.msx3.fun

トレランでも使えました。大変でしたけど。