MSX3メモ ~マラソン・トレラン・登山など~

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

自家製チャーシュー作りました~

f:id:msx3:20200111192331j:plain

おいしいチャーシューを腹いっぱい食べたい!けどチャーシューは買うと高いので、自分で作ってみました。ちなみに初挑戦です。クックパッドやYouTube見て参考にしました。40代おっさんがあれこれ悩みながらチャーシューを作り上げる記録です。

f:id:msx3:20200110161303j:plain

まずは材料の豚肉。国産豚バラ肉は100gあたり250円とかするいいやつもありますが、ぼくが買ってきたのはスペイン産豚のバラ肉で100gあたり79円、約800gで700円弱です。安い!

20cm四方の塊を、扱いやすいように4つに切り分けます。タコ糸で丸く成形する方法が一般的ですが、面倒なのでこのまま調理することにします。

f:id:msx3:20200110161603j:plain

肉の表面をフライパンで焼きます。香ばしさを出すためとか味を閉じ込めるためかと思いましたが、どちらかといえば肉が崩れないように成形する意味合いかと。

f:id:msx3:20200110161308j:plain

豚肉を煮るスープです。あちこちのレシピを参考に

  • 水1リットル
  • 醤油300ml
  • 酒100ml
  • ざらめ100g
  • 葱1本
  • たまねぎ1個
  • にんじん半分
  • しょうが1/2かけ
  • ニンニクチューブ3cmくらい

で作りました。結果的には醤油がちょっと多かったかな。

f:id:msx3:20200110162524j:plain

肉をぶち込んで、煮込んでいきます。なるべく肉が浸るように押し込んで、このまま1時間30分煮込みます。途中で何回かひっくり返します。

f:id:msx3:20200110165607j:plain

アルミホイルで落とし蓋をしろとのことなので、見よう見まねでやってみました。f:id:msx3:20200110165604j:plain

30分ほど煮込むとこのようになりました。スープは上部に油の層ができているので時々肉をひっくり返して味が均一にしみこむようにしてあげます。やることはそれ位で、基本ほったらかしです。保温調理器なんかでもいいような気がします。ここから1時間煮込むとスープもちょっと少なくなって、野菜類はすっごく小さくなります。あと、肉もかなり小さくなります。

f:id:msx3:20200110181756j:plain

1時間半煮込んだ後、スープと一緒にジップロックで密閉して、冷蔵します。もうすでにかなり味がしみていそうですが、ここから冷えていく過程でさらに味がしみ込むそうな。今回半分は冷凍することにしました。

f:id:msx3:20200110181803j:plain

残ったスープは網で濾してタレにします。

f:id:msx3:20200111192331j:plain

一晩冷蔵庫で熟成した肉をスライス。ここで初めて味見しましたが、柔らかく仕上がっていました。味はとても美味しいけど、ちょっとしょっぱい。

f:id:msx3:20200111200732j:plain

スライスしたチャーシューを、フライパンで炙ります。

f:id:msx3:20200111201400j:plain

たっぷりご飯に乗っけて、チャーシュー丼にしました。

食べると、ほっぺたが落ちるうまさ!サイコーです。

初めて作ったチャーシューでしたが、かなり美味しくできました。気にしていた肉の脂臭さは全く無く、しつこさも気になりません。ただひたすら肉の旨みが凝縮されていました。生姜とニンニクも効いていてとっても美味。ただ、やはり肉もタレもかなりしょっぱかった。次作るときは醤油を減らして酒を増やそう。

家族4人で半分の400g分を食べましたが、あっという間に無くなってしまいました。次からは800gは1食分ですね。厚めにスライスして豪快に食べるのがいいです。材料費は1000円位だし。

肉も安いスペイン産でしたが、全然美味しくできましたね。安い肉でも美味しくできるのがチャーシューらしいです。

時間は確かにかかりますが、基本的に煮るだけの料理なんで技術も特にいらないし、やる気になればだれでもこんなに満足感のある料理が簡単にできるもんですね。やってみるものです。

チャーシューの作り方として、煮汁に調味料を全部入れて作る方法と、タレは別に作って後から味付けする方法があるようです。今回かなりしょっぱく仕上がってしまってそこだけが不満なので、次はタレ別仕上げの方法で作ってみます。

www.youtube.com

ごちそうさまでした!