MSX3メモ ~マラソン・トレラン・登山など~

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

2019富士登山競走 五合目コースに無事エントリーできました。今シーズンのレース予定など。

f:id:msx3:20190319133909p:plain

3月19日(月)の午後9時より、富士登山競走のエントリーが開始となりました。

標高差3000mとハードなコースで知られる富士登山競走ですが、エントリーが非常に難しいことも有名です。特に募集定員1276名の五合目コースはだれでも参加できるとあって、エントリーは超困難と言われております。(山頂コースは五合目コースで既定のタイムでゴールした人しかエントリーできない)

僕も出たい出たいと思っていましたが、今まで子供のサッカーの夏合宿が同じタイミングであって、休みが取れず参加を見送っていました。しかし今年から子供が中学生になるのでこの時期休みが取れます。新年の目標にも参加を掲げましたが、来年山頂を目指すため、今年は五合目コースのエントリークリック合戦に参加しました。

富士登山競走のエントリーは噂に違わぬ高難度

3月18日の午後8時50分頃からPCの前にスタンバって、エントリーページを開こうとすると、いきなり混雑していますページが表示されて面喰いました。

runnet

まだエントリー時間前なんですが、一体何人がアクセスしているのでしょうか…。不安になります。

9時になっても、30秒ごとに上記画面が繰り返し表示されるだけで、ちっともエントリーページに入れません。一度エントリーボタンが表示されて、「おっしゃ!やったぜ!」とクリックするもまた同じ画面・・・。そのまま時間がどんどん過ぎていきます。ちなみにスマホでもエントリーページを開いていますが、全く同じでした。

9時10分を過ぎ、「これは無理かも・・・?」と思い始めていたところ、唐突にエントリー画面に切り替わりました。

「約15キロ(五合目コース)男子18歳以上」まだエントリー可能!

震える指でクリックし、エントリー画面に進みます。ここから急いで入力を進めなければなりません。氏名のアルファベット入力、前日受付内容確認、支払い方法を選択して、エントリー確定。同時にスマホにメール着信があり、無事エントリーできたことを確信し、ほっと一安心しました。時間は9時13分頃でしょうか。

ふー、おかげさまで無事0次関門を突破できました。しかし、ここまで繋がらないランネットは初めての経験でした。狭き門と言われる長野マラソンもここまででは無いもんなあ。

今回五合目コースは12分ほどで一杯になってしまったらしく、僕も本当にギリギリでした。ツイッターなんか見てるとエントリーできなかった方の悲しみのツイートが多数投稿されていました。僕はラッキーでした。そしてエントリーできた喜びに打ち震えました。

今後のレース参加予定

  • 4月21日 長野マラソン
  • 6月2日 安曇野ハーフマラソン
  • 6月29日 美ヶ原トレイルラン(予定)
  • 7月26日 富士登山競走
  • 9月 白馬国際トレイルラン→2020年6月に延期
  • 10月6日 松本マラソン

 

先日静岡フルを走りましたが、この後長野マラソン(フル)と安曇野ハーフはエントリー済みです。ロードは6月の安曇野ハーフでいったん終了して、その後はトレランメインで秋までの予定。6月には美ヶ原45キロにエントリー予定。7月の富士登山競走後には、昨年出て良かった白馬国際トレイルランにエントリー予定でしたが、前回大雨の中開催した影響かコースが荒れてしまったらしく、その修復等のため2020年6月に延期との決定・・・。9月は時期がよかっただけに残念。6月だと他と被るなあ。10月の松本マラソンはエントリー済みです。

レースはこのくらいで、後はこの夏トレーニング兼ねて北アルプスを積極的に登りたいと考えています。日帰りで五竜岳や常念岳に登って鍛えたい。

まとめ

いよいよ富士登山競走への参加が決定しました。これからはマラソン練習とともに、坂道トレーニングを積極的にやらなければなりません。五合目コースをいいタイムで終えて、来年の山頂コースにつなげたいですね。最近マラソンタイムが伸び悩みでややモチベーションが低下していましたが、来年の富士登山競走山頂コース完走という大きな目標ができたので、頑張って練習したいです。