MSX3メモ ~マラソン・トレラン・登山など~

登山とか写真とかを記録するブログ。最近はマラソンがメイン。

平成29年12月に読んだマンガ(BLUE GIANT、ワールドトリガーなど)

ブルージャイアント 全10巻

JAZZマンガ。主人公はサックス奏者を目指す高校生。

これは超サイコーに面白いマンガだった。熱い、とにかく熱い。久しぶりの音楽マンガ。BECKに並ぶ名作。ギュッと詰まっていて、無駄な部分が無い。JAZZを聞きたくなる。そして人生って何か考えさせられる名作。主人公大のように、正直にまっすぐに生きたかったと、軽く後悔して悲しくなるのが玉に疵。

10巻のラストに向かうくだりは壮絶で鳥肌が立つ。泣ける。

ブルージャイアント・シュープリーム 3巻まで

BLUE GIANT SUPREME コミック 1-3巻セット

BLUE GIANT SUPREME コミック 1-3巻セット

 

続編は3巻まで発売中。こちらも一気に読んだ。

ワールドトリガー 18巻まで

最近読んだ少年ジャンプマンガの中ではかなり面白いと思った。設定が凝っていてゲームっぽい。キャラは多数登場するが皆個性的。ストーリーもベタではなく独創的だし、展開も複雑。大人でも楽しめる少年バトルマンガ。主人公が二人いるのもいい。

登場人物多すぎでキャラの性格が画一的なところがあるのと、絵はとても上手なんだけど上手すぎてややCGぽい。背景も面倒なシーンが多いけどよく描き込んでいてすごいと思う。手抜きっぽさは一切見えないので、相当時間をかけて描いていると思う。作者が根を詰めすぎて身体を壊したらしく、しばらく休載中。しかし、ワールドトリガーってタイトルは地味すぎて良くないと思う。タイトルで損してる。

マギ 

マギ(37) (少年サンデーコミックス)
 

サンデーの能力バトルマンガ。最初は絵も丁寧で面白いと思ったが、10巻位まで来るとだんだん絵もストーリーも雑になってきて、読むのが苦痛になったのでやめた。手抜きが見えると萎えちゃう。